雨漏りトラブルは外壁塗装と防水工事のダブルタッグで解決

雨漏り対策もバッチリ!~防水工事で家を守る~ 雨漏りトラブルは外壁塗装と防水工事のダブルタッグで解決

家の外観をおしゃれにしたいという気持ちも分かりますが、見た目だけでなくその中身も重要です。屋根材の選び方や、防水工事の重要性について知ることが、綺麗な家を長持ちさせる秘訣と言えるでしょう。

瓦の張替えも一緒に施す~進化する瓦屋根~

瓦の張替えも一緒に施す~進化する瓦屋根~

日本住宅の顔とも言える瓦屋根ですが、紫外線や雨風によってダメージが蓄積しやすい場所でもあります。そのため、外壁同様にメンテナンスを施す必要があるのです。ここでは屋根リフォームのメリットを見てみましょう。

屋根リフォームの重要性とは

考え事をする女性

瓦の落下を防ぐ

地震のニュースなどを見ていると、瓦が落ちた家を目にすることがあります。家の中の家具などには対策をしていても、家の屋根まで地震対策している人は少ないのではないでしょうか。瓦屋根だと地震の時に瓦が落ちてくる可能性があり危険です。瓦が落ちてこないように、しっかりとメンテナンスをすることが大切です。

屋根の修理をする男性

住宅の耐久性を高める

屋根の劣化は家全体に影響を及ぼす可能性があります。屋根の劣化が雨漏りにつながり、その影響で家の柱や壁が傷んでしまうかもしれません。そうなった時の修理代は安くありません。そういったトラブルを回避するためにも、事前に屋根をリフォームして住宅の耐久性を高めておくと安心です。

瓦の種類も様々

紺色の屋根

粘土瓦

粘土瓦には陶器瓦やいぶし瓦などの種類があります。陶器瓦は水が浸透しないので、いつまでも綺麗な状態を維持することができます。そのためメンテナンスも必要ありません。いぶし瓦はお城や社寺の屋根に使用されることが多いです。陶器瓦とは違い、水が浸透しやすいため塩害や凍害などが起こるリスクがあります。

灰色の屋根

セメント瓦

セメントと砂が原料の瓦です。塗料でどんな色にもできます。家の形や外壁の色に合わせて替えることができるので、屋根にもこだわりたいという人向けです。ただし、経年劣化により脱色したり変色したりしてしまうので、定期的に塗装といったメンテナンスをしなければなりません。セメント瓦はメンテナンスをしなければ劣化が早まってしまうので気を付けなければなりません。

青色の屋根

スレート

スレートは天然のものと人造のものがありますが、一般的に普及しているのは人造のスレートです。陶器瓦やいぶし瓦などの粘土瓦に比べて軽いので、プレハブ住宅に使用されることが多いです。しかし、平たいスレートの場合は屋根の通気性が悪くなってしまうので、劣化を防ぐために定期的なメンテナンスが必要です。

瓦はどのようにして選ぶべきか

屋根材の種類はかなりの数あります。そのため、どの屋根材を選べばいいのか分からないという人も少なくありません。屋根材を選ぶ際、ほとんどの人がやってしまいがちなのが、色や形といった見た目から入るということです。しかし、最も重要なことはどれだけ快適に暮らせるかということです。安全性・耐久性なども一緒に考慮した上で、理想の外観に合う屋根材を選ぶようにしましょう。最近は色んな要望に応えることができる屋根材がたくさんあるので、業者に相談しながら決めると良いでしょう。

外壁以外でダメージが蓄積する場所~防水工事の必要性~

外壁以外でダメージが蓄積する場所~防水工事の必要性~

住宅のトラブルで最も深刻な雨漏り

雨漏りは建物に大きなダメージを与えてしまう厄介な症状です。雨漏りを放置しておくと、天井にシミができてしまったり、湿気により腐朽菌やカビが繁殖したりします。そうなると家が傷んでしまい、耐久性が低くなってしまいます。地震大国と言われる日本で家の耐久性が下がるというのは深刻な問題です。それだけではなく、カビの発生が家の住人の健康にも悪影響を及ぼす可能性も十分考えられます。こうした問題を回避するには、防水工事が欠かせません。雨漏りの原因の多くは、壁や屋根に使われているシーリング材の劣化によるものです。外壁や屋根のシーリングを外壁塗装業者に補修してもらうことで、雨漏り対策をすることができます。

雨漏れが起こりやすい場所

屋根で作業をする人

屋根や屋上

屋根や屋上は毎日紫外線や雨風にさらされています。そのため、家の中で最も劣化が早まりやすいと言えます。それに、屋根や屋上は頻繁に確認することがないので劣化に気付きにくいということもあり、雨漏りなどの被害が起こった時にはすでに家の内部までダメージを受けている場合があります。そんな事態を避けるためにも定期的に診断を受けるようにしましょう。

女性

ベランダやバルコニー

建物の外側についているベランダやバルコニーも屋根と同じく紫外線や雨風の影響を受けます。日本のように湿度の高い時期が多い気候だと、湿度による腐食で劣化しているかもしれません。ベランダやバルコニーは洗濯物を干したりして頻繁に利用する場所ではありますが、よく観察しなければ劣化には気付けません。ひび割れや塗装の剥がれがないかこまめにチェックするようにしましょう。

外壁塗装と一緒に防水工事を施す

外壁塗装は外観を美しくするだけでなく、湿気に弱い外壁の防水性を高めるという効果もあります。防水効果により雨漏りを防ぐことができ、外壁がいつまでも綺麗なまま長持ちします。冬になると結露も気になるところですが、それは、湿気は通して水分を遮断する透湿性によって防ぐことができます。防水工事に関しては、外壁塗装と一緒にすることで足場設置費用が一回分で済むので、かなり経済的です。費用を抑えつつ対策したいのであれば、外壁塗装と防水工事を一緒にしてはいかがでしょうか。

サイディングボードを長く保つために

サイディングボードを長く保つために

サイディングボードの継ぎ手部にはシーリング材が充填されています。シーリング材には防水という役目を担っているのですが、紫外線や雨風・排気ガスにさらされている影響で、時間が経つごとにだんだん劣化してしまいます。サイディングボード自体の耐用年数が長かったとしても、シーリング材の耐用年数は8年程度なので、シーリングのみのメンテナンスを行う必要があります。定期的に目地打ち替えを行うことで、いつまでも丈夫で綺麗な家を保つことができるでしょう。